新緑に包まれた「人間の道」をあるく
容量が尽きましたので、
http://sampo4.exblog.jp/
に引っ越しします。

http://sampo2.exblog.jp/
http://mainichino.exblog.jp/
もご参照下さい。

(右上の絵は、中江兆民の私塾、仏蘭西学舎の「校舎」です。)

f0068788_8235633.jpg

人間の歩く道とは、ほんらい、こういうものであったはずです。――コンクリートとアスファルトと大理石で固められた「道路」なるものは、機械装置やサイボーグが闊歩する時空間であって、人間が歩く道ではありません。
[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-20 05:08 | その他
田植えの季節
現代風代掻き
f0068788_22385863.jpg

f0068788_2239311.jpg

大楠山から二子山を望む
f0068788_22495191.jpg

f0068788_22462249.jpg

春霞につつまれた相模湾方面
f0068788_22524640.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-19 22:40 | ただの散歩
シャクナゲ三点
f0068788_2128389.jpg

f0068788_21281677.jpg

f0068788_21283345.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-18 21:28 | ただの散歩
トンネルを抜けると、そこは新緑
長いトンネル
f0068788_9534021.jpg

トンネルの外は
f0068788_20582760.jpg

新緑の折木沢
f0068788_20591783.jpg

山躑躅
f0068788_215867.jpg

ナメ滝
f0068788_20593978.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-18 05:53 | ただの散歩
折木沢から見上げた空
f0068788_7214359.jpg

f0068788_7235759.jpg

鋸山(のこぎりやま)と富山(とみさん)
f0068788_7221494.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-17 05:20 | ただの散歩
光る東京湾とミズキの花
光る東京湾(対岸は房総半島、左は猿島)
f0068788_13444252.jpg

ミズキの花
f0068788_4382935.jpg

f0068788_4384598.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-16 04:39 | ただの散歩
谷間の霧とコウゾの花
f0068788_10262437.jpg

f0068788_10263499.jpg

f0068788_1026489.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-11 06:25 | ただの散歩
田んぼ再訪
f0068788_19573024.jpg

f0068788_19574636.jpg

蛇苺
f0068788_1958541.jpg

カジイチゴ
f0068788_2113971.jpg

山瑠璃草
f0068788_19591928.jpg

アケビの花
f0068788_200113.jpg

いつもの休み場から鷹取山方面を望む。
f0068788_1958227.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-09 20:04 | ただの散歩
山躑躅の季節
f0068788_2117146.jpg

f0068788_21171673.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-08 21:17 | ただの散歩
中尾根の山吹
毎年4月はじめに見頃になる、中尾根の山吹です。わたしは、中尾根のことを密かに「山吹尾根」と呼んでいます。

山吹をかき分けかき分け進む中尾根 (鉄斎)

f0068788_9445784.jpg

f0068788_1053171.jpg

f0068788_10413360.jpg

f0068788_9443868.jpg

f0068788_9451972.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-07 09:49 | ただの散歩
南中峠
中尾根中間地点にある南中峠。かつては馬も越えたというが、いまは誰にも会わない。わたしだけの秘密の休み場。
f0068788_2255082.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-06 22:06 | ただの散歩
谷間の山桜
f0068788_9105285.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-06 09:11 | ただの散歩
昨日は仕事に出かける前に2時間の散歩をしました。
谷間の田んぼからみた裏山の裏側
f0068788_6494828.jpg

ニリンソウ
f0068788_65016100.jpg

f0068788_6502713.jpg

竹藪
f0068788_6504689.jpg

クサイチゴの花
f0068788_6512831.jpg

山桜満開
f0068788_6514310.jpg

港に下る
f0068788_653258.jpg

菜の花畑
f0068788_6535157.jpg

港には軍艦が
f0068788_657046.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-05 05:00 | ただの散歩
本日は8時間も散歩をしました。
久しぶりの休みに久しぶりの晴天。かねてからの計画通り、本日は、朝から裏山一周を試みました。二年ぶりの一周ですが、めでたく、桜が満開の仙元山までは、行き着くことができました。しかし、帰りはへとへとになって、やむをえず計画を一部変更・放棄。二子山山頂方面はパスしました。――渋谷区全体の面積にほぼ等しい「わたしの」裏山のピークを、一日で全部回るのは、今の体力では、どうやら無理なようです。トレーニングをせねば。。。

朝、いつもの展望台から富士山を望む(7時半頃)。
f0068788_1983938.jpg

山桜満開。
f0068788_20572338.jpg

朝の長浦湾(8時頃)。
f0068788_1985349.jpg

二子山の後ろに富士山(電線が邪魔ですね)。
f0068788_199785.jpg

中尾根の山吹。
f0068788_20565459.jpg

中尾根を経て森戸川林道に下る(ここまで誰にも会わない。森戸川林道で、はじめてハイカーに出会う)。
f0068788_1992027.jpg

崩壊した沢づたいの道でキケマンを発見。
f0068788_1993133.jpg

白いスミレも発見。
f0068788_1994221.jpg

「外尾根」(葉山側)に登りつく。いつもと反対方向から見た二子山。
f0068788_1910163.jpg

仙元山から見た富士山。雲が出て来た。
f0068788_20424263.jpg

葉山の町を見下ろす。
f0068788_19251568.jpg

葉山の山桜。
f0068788_2058835.jpg

起伏の激しい「外尾根」を大回りする。二子山の裏側に接近。展望台が見える。
f0068788_19102942.jpg

「外尾根」から見た二子山。
f0068788_20472987.jpg

苦労の末、相模湾側から再び東京湾側へ辿り着く。ここまで、5組のハイカーと出会っただけ(ここからはまた、誰にも会わない。独り占めの散歩道)。
f0068788_19104231.jpg

横浜方面を望む。
f0068788_20513952.jpg

いつもの休み場に辿り着いてほっと一息。
f0068788_19105539.jpg

三つ葉アケビの花を発見。
f0068788_1911828.jpg

朝7時に家を出発してから、午後3時半に帰り着くまで、8時間半。ひたすら歩き続けた一日であった。足がぱんぱんに張っている。一風呂浴びて、冷たいビールでも飲むか。。。
[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-03 19:18 | ただの散歩
紫華蔓と烏野豌豆と姫烏頭と・・・
ムラサキケマン
f0068788_6321332.jpg

カラスノエンドウ
f0068788_6323187.jpg

ヒメウズ
f0068788_6371729.jpg

これは何でしょうか。
f0068788_6373342.jpg

f0068788_6434062.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-03 06:38 | ただの散歩
桜満開
f0068788_21114333.jpg

f0068788_19255615.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-01 21:11 | ただの散歩
朝の海・春うらら
朝の海
f0068788_1029596.jpg

桜山の尾根
f0068788_10292127.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-04-01 10:30 | ただの散歩
タンポポとエンドウの花
開花寸前のタンポポ
f0068788_21271930.jpg

これはエンドウの花。
f0068788_21274356.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-31 21:29 | ただの散歩
今朝の富士山
今朝はひさしぶりに冬型の気圧配置になりました。空気がひんやりとして、富士山の姿がくっきり見えました。
f0068788_9522264.jpg

箱根から丹沢までのパノラマ(写真をクリックすると拡大されます)
f0068788_10472259.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-31 06:51 | ただの散歩
庭のモクレンと谷間のツクシと「ん」?
庭のモクレン。
f0068788_21554418.jpg

家の前の谷間の空き地に生えていた、つくしんぼう。
f0068788_21563630.jpg

「ん?」、この花はなんだろう?
f0068788_21572099.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-30 22:03 | ただの散歩
アケビの花と山吹とリスとコブシ
アケビの花が咲いていました。
f0068788_10513486.jpg

山吹が咲き始めました。裏尾根の山吹は、あと一週間くらいで満開になるでしょう。
f0068788_842234.jpg

山桜の花を食べるリス。
f0068788_842452.jpg

コブシ。
f0068788_849596.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-30 06:39 | ただの散歩
夜明け前の雷鳴
今朝四時半頃、自宅のベランダから写した光景です。
f0068788_2057839.jpg
f0068788_2057308.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-29 20:57 | その他
神武寺の桜
紅い桜が咲いていました。

寒緋桜(カンヒザクラ)
f0068788_19036.jpg

f0068788_733016.jpg

染井吉野(ソメイヨシノ)
f0068788_1903977.jpg

f0068788_7334379.jpg

山桜(ヤマザクラ)
f0068788_1911570.jpg

f0068788_192967.jpg

f0068788_1942674.jpg

六地蔵
f0068788_199143.jpg

シャガも咲いていました。
f0068788_1993868.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-28 06:13 | ただの散歩
鶯神楽
裏山のウグイスカグラです。
f0068788_1038533.jpg

f0068788_10382499.jpg

高さ約2メートルの落葉低木。山野に自生。幹に枝が多く、葉は長さ5センチメートルほどの楕円形で、春、葉と共に花を開く。花冠は淡紅色、やや曲った漏斗状で先端は五裂。初夏にグミに似た液果が赤熟し、甘くて食べられる。ウグイスノキ。コジキグミ。アズキグミとも呼ばれる。本州、四国、九州に分布する。
[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-27 06:38 | ただの散歩
七つの水仙
家の前に大きな水仙が咲いています。それを見て、中学生時代に口ずさんだブラ・フォーの歌を思い出しました。いま、こんなプロポーズをしたら、きっと、ふられてしまいますね。。。

f0068788_20133832.jpg


七つの水仙

I may not have a mansion, I haven't any land
Not even a paper dollar to crinkle in my hands
But I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

I do not have a fortune to buy you pretty things
But I can weave you moonbeams for necklaces and rings
And I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

Oh seven golden daffodils all shining in the sun
To light our way to evening when our day is done
And I will give music and a crust of bread
And a pillow of piny boughs to rest your head
A pillow of piny boughs to rest your head

僕には、豪邸も、土地もない。
手の中で皺をなす紙幣一枚さえ無い。
けれど、千もの丘に降りそそぐ朝を、君に見せてあげられるよ。
そして、くちづけと、七つの水仙の花をあげよう。

僕には財産なんて何一つ無く、君に綺麗なものを買ってあげられない。
けれど月の光を紡いで、指輪やネックレスにしてあげられるよ。
千の丘の上の朝をあげよう。
そしてキスと七つの水仙の花を。

ああ、七つの黄水仙が太陽に輝いている。
日が沈んでも宵の道をなお照らしてくれようと…
音楽と一かけのパンと香りの良い小枝で編んだ枕をあげよう。
そこに君の頭を休めてほしいんだ
[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-26 05:12 | ただの散歩
春紫苑
ハルジョン(キク科)

f0068788_21365448.jpg

「ハルジオン」つまり「春のシオン」である。鑑賞目的で大正時代に日本に移入されたが、繁殖力が旺盛で、野に逃げ出したものが全国に広がったという。日本的な風情のある花だが、もともとは北アメリカの花、インディアンの花であった。写真の花は真っ白だが、ピンク、薄紫になるものもある。なかには、はっとするほど濃い色をした花もある。夏から秋にかけて花が咲く姫紫苑に似ている。(ハルジオンはヒメジオンと異なり、茎が中空、つぼみが下を向くという特徴がある。)
f0068788_4403834.jpg

ハルジョオン・ヒメジョオン

川向うの町から宵闇が来る
煙突も家並みも 切り絵になって

哀しいほど紅く
夕陽は熟れてゆくの
私だけが変わり みんなそのまま

ヒメジョオンに埋もれて くちづけをした
土手と空のあいだを風が渡った

哀しいほど紅く
川面はゆれていたの
越していった日から 顔も忘れた

哀しいほど紅く
心は燃えているの
思い出すそばから葬るくせに

哀しいほど紅く
夕陽は熟れてゆくの
私だけが変わり みんなそのまま

(松任谷由実『紅雀(べにすずめ)』より)
[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-25 21:37 | ただの散歩
花大根
はなだいこん( アブラナ科)
f0068788_2144493.jpg

江戸時代に中国から持ち込まれ、生命力が強いため野生化しました。花の形が ダイコン の花に似ていることから来た名前で、他にショカツサイ(諸葛采),オオアラセイトウ,ダイコンバナ、ムラサキハナナ(紫花菜)といろいろ呼び名があります。
f0068788_2133786.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-23 21:05 | ただの散歩
山桜
山桜がちらほら咲きはじめました。あと一週間もすれば、山全体がピンク色に輝きはじめます。
f0068788_18132932.jpg

きょうは、アケビの新芽をつんできました。

f0068788_9353727.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-21 18:16 | ただの散歩
縁側と囲炉裏と格子窓のある家
ちょいと一服。よっこらしょ、と。
f0068788_1912286.jpg

お茶の時間です。
f0068788_19122688.jpg

あなたも一緒に休んでいきませんか?
f0068788_20184835.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-17 06:13 | ただの散歩
小綬鶏との接近遭遇
のろまなコジュケイと、1メートルの至近距離で接近遭遇。どこもかしこも「チョットコイ、チョットコイ」。ことしはいつもよりコジュケイの鳴き声が増えたような気がします。
f0068788_783966.jpg

[PR]
# by mainichino3 | 2006-03-16 07:08 | ただの散歩



毎日の散歩・パート3。閲覧には高性能ディスプレイ+大容量メモリが必要です。
by mainichino3
人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧